地中障害物対応型泥濃式推進工法 ミリングモール部会

  • HOME
  • ミリングモール工法の特長
  • 施工事例
  • 施工実績
  • 会員リスト
  • ダウンロード
  • お問い合わせ

施工実績

【1】1~10 | 【2】11~20 | 【3】21~30 | 【4】31~40 | 【5】41~50 | NEW!【6】51~60

【施工実績6】51~60

【51】 公共下水道茨木摂津排水区管渠布設工事28-4工区

【51】 公共下水道茨木摂津排水区管渠布設工事28-4工区

工事の詳細はこちら

工事名 公共下水道茨木摂津排水区管渠布設工事28-4工区
発注者 摂津市
請負業者 大日本土木・永商興産JV
管径 1800
推進延長 359.397m
土質 砂質土
N値/礫率/最大礫径 N=25.6
G=-%
φmax=57mm
工期 2018.11.7~2019.9.28
(11ヶ月)
昼間施工
障害物種類 鋼矢板Ⅳ型
鋼矢板Ⅱ型
鋼矢板 1.24m
コメント 到達付近薬液注入工施工時に障害物に接触設計の検討
ミリングモール工法で施工になりました。
鳥飼推進存置鋼矢板手前に 予定外障害物あり追加で1.24mの切削を施工(カーブ区間)

【52】管老幹30第30第3号配水幹線布設工事

【52】管老幹30第30第3号配水幹線布設工事

工事の詳細はこちら

工事名 管老幹30第30第3号配水幹線布設工事
発注者 新潟市水道局
請負業者 ㈱福田組
管径 900
推進延長 72.950m
土質 シルト
N値/礫率/最大礫径 N=1~3
G=-%
φmax=-mm
工期 2019.9.9~2019.12.12
(3ヶ月)
昼間施工
障害物種類 鋼矢板Ⅲ型 250mm  2か所
コメント 自然水圧が0.8~0.9kPaある現場でしたので排泥を取り込む際の奮発を防ぐ為掘進機の排泥管の後ろに密閉式チャンバーを取り付けて掘進を行いました。基線上の国道7号線下に鋼矢板Ⅲ型が埋設されており、地上から引き抜くことができないためミリングモールで掘削を行いました。鋼矢板Ⅲ型との離隔があった為障害物を切削することなく推進を行いました。

【53】第4次広井町幹線ほか下水道築造工事

【53】第4次広井町幹線ほか下水道築造工事

工事の詳細はこちら

工事名 第4次広井町幹線ほか下水道築造工事
発注者 名古屋市上下水道局
請負業者 ㈱加藤建設
管径 900
推進延長 22.400m
土質 砂質土
N値/礫率/最大礫径 N=2.7
G=-%
φmax=3.184mm
工期 2019.10.25~2020.1.27
(3ヶ月)
昼間施工
障害物種類 φ1400㎜コンクリート管
φ900㎜コンクリート管
コメント 設計自体に障害物が承認されていたのでコンクリート管の排土状況の立会写真等の確認はしていません。

【54】海田バイオマス線新設に伴う推進工事(その1)

【54】海田バイオマス線新設に伴う推進工事(その1)

工事の詳細はこちら

工事名 海田バイオマス線新設に伴う推進工事(その1)
発注者 中国電力㈱
請負業者 ㈱中電工
管径 1000
推進延長 278.7m
土質 砂質土
N値/礫率/最大礫径 N=0~17
G=5%
φmax=330mm
工期 2019.7.22~2020.3.31
(6ヵ月)
昼間施工
障害物種類 無筋コンクリート 2カ所 約3.5m
φ700㎜ 埋設管
コメント 推進開始後10mで想定外の無筋コンクリート2か所と埋設管にあたり切削を行う。その後、面板閉塞により日進が全く伸びず中間立坑を2か所掘り面板の確認切削ビット ローラービット センターシャフトの交換を行う。

【55】 千里浄水池更新工事(新2号池)

【55】 千里浄水池更新工事(新2号池)

工事の詳細はこちら

工事名 千里浄水池更新工事(新2号池)
発注者 大阪広域水道企業団
請負業者 鹿島・南海辰村
特定共同企業体
管径 800
推進延長 66.00m
土質 硬質粘土
N値/礫率/最大礫径 N=35
G=-%
φmax=6mm
工期 2020.02.25~2020.4.10
(2か月)
昼間施工
障害物種類 保険方式
障害物なし
コメント 推進管路上部に既設水道管φ1350㎜が離隔約1.0mで平行して埋設されており、保険方式で施工したが、障害物には接触せず、到達する。

【56】品川駅北周辺地区平成31年度道路排水その他工事

【56】品川駅北周辺地区平成31年度道路排水その他工事

工事の詳細はこちら

工事名 品川駅北周辺地区平成31年度道路排水その他工事
発注者 東京都下水道局
請負業者 日本国土開発㈱
管径 1200
推進延長 163.00m
土質 粘性土
N値/礫率/最大礫径 N=5
G=-%
φmax=-mm
工期 2020.03.02~2020.07.10
(4か月)
昼・夜間作業(線閉作業)
障害物種類 鋼矢板Ⅲ型
コメント 障害物切削作業は問題なく切削できた。推進管路がほぼ線路の下なので、地盤沈下や隆起に注意しながら、作業した。線路の沈下は最大4~5㎜程度。 切削した付近の線路が一番沈下した。

【57】公共下水道島頭第1管渠築造工事(4)

【57】公共下水道島頭第1管渠築造工事(4)

工事の詳細はこちら

工事名 公共下水道島頭第1管渠築造工事(4)
発注者 門真市上下水道局下水道整備課
請負業者 大起建設㈱
管径 1350
推進延長 215.40m
土質 シルト・粘性土
N値/礫率/最大礫径 N=0.5
G=-%
φmax=-mm
工期 2020.06.05~2020.10.03
(4か月)
昼間施工
障害物種類 保険方式
障害物なし
コメント 保険方式の現場で、既設の水道管の下を通過の際、障害物に当たる恐れがあるということで採用されました。推進中は1カ所障害物(コンクリート)らしき物に当たりましたが320mm切削したところで抜けました。排泥からも何も出てきませんでした。

【58】足立区千住仲町、千住河原町付近再構築工事

【58】足立区千住仲町、千住河原町付近再構築工事

工事の詳細はこちら

工事名 足立区千住仲町、千住河原町付近再構築工事
発注者 東京都下水道局
請負業者 新日本工業(株)
管径 2200
推進延長 129.772m
土質 砂質土・粘性土
N値/礫率/最大礫径 N=6.5
G=0%
φmax=150mm
工期 2020.10.05~2021.04.14
(6.3か月)
昼間施工
障害物種類 既設シールドセグメント
コメント 地下約20m付近にある既設シールドφ3250mmに接続する為にミリングモール工法が採用され、セグメントを切削しました。

【59】虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業に伴う下水道施設工事

【59】虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業に伴う下水道施設工事

工事の詳細はこちら

工事名 虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業に伴う下水道施設工事
発注者 森ビル㈱
請負業者 清水建設㈱
管径 800
推進延長 261.301m
土質 砂質土
N値/礫率/最大礫径 N=2~33
G=0%
φmax=0mm
工期 2020.11.13~2021.3.3
(4か月)
昼間施工(切削時昼夜施工)
障害物種類 H鋼杭連壁 切削長L=2295㎜
ライナープレート切削長L=460㎜
コメント 推進延長25m付近で擬音とカッタートルクが上昇して掘進を停止し協議、図面では管路から離隔が1m離れている所に連壁らしき物があり、結果切削を開始し排土確認すると鉄屑が排出される、延長が2295㎜施工した所で無くなり通常掘進を開始する。また推進延長29m付近でカッタートルクが上昇して2箇所目の切削を開始するが、排土からは鉄屑は少なくライナーの破片が多く排出され切削延長は460㎜と少なく2箇所目はライナープレートの側面を切削したと思われます。

【60】企業団水受水管布設替工事(第7工区)[JR下]

【60】企業団水受水管布設替工事(第7工区)[JR下]

工事の詳細はこちら

工事名 企業団水受水管布設替工事(第7工区)[JR下]
発注者 交野市水道局
請負業者 ㈱クボタ建設
管径 1500
推進延長 97.45m
土質 砂礫土
N値/礫率/最大礫径 N=25
G=30%
φmax=75mm
工期 2021.1.17~2021.5.8
(4か月)
昼間施工
障害物種類 H鋼
コメント 保険方式の推進工事であり、4箇所既存土留めH鋼が想定されていた、1箇所のみ障害物に接触し切削推進を行い完了した。
【1】1~10 | 【2】11~20 | 【3】21~30 | 【4】31~40 | 【5】41~50 | NEW!【6】51~60

このページの先頭へ

English Site